人生キホンは がんばらんば。
by kayo-n_ex
プロフィール
HN:かよーん
動物占いはペガサス
六星占術では 火星人+
おとめ座 B型

あくまでも自分のペースで進もうとするが意外に小心者。
人の話を聞いてるようで聞いていないとよく言われ...。
えぇ、そんな私はB型ですが、何か?

無料占い | プルモア
Presented by 無料占いプルモア





------------
excite以外のリンク
------------

府中の杜
まわりぶろぐ
thrash about
風、空、きみ

□■ microbeat homepage ■□










以前の記事
カテゴリ
カテゴリ:旅行( 75 )
無理。
a0020403_11453935.jpg

九重“夢”大吊橋。

みているだけで めまい だよ。orz
もちろん、わたしは お留守番。



ネーミングにもめまい。(苦笑)
[PR]
by kayo-n_ex | 2008-10-04 11:45 | 旅行
散策。
a0020403_919191.jpg

きもちいい~♪
[PR]
by kayo-n_ex | 2008-10-04 09:19 | 旅行
旅行中。
a0020403_20582285.jpg

a0020403_2058227.jpg



お天気にも恵まれ、朝日を見ながら温泉に。


…きてよかった
[PR]
by kayo-n_ex | 2008-10-03 20:58 | 旅行
夏休み。3

翌日、5:30に目が覚めた。
のんびりと身支度をして 車に乗り込む。

本当は 平戸の根獅子の浜 に行きたかったのだけれど、
時間的な都合により、近場の 白浜海水浴場へ。
a0020403_22131787.jpg


ここには泳ぎにくるより、夜の浜辺で仲間達と話した思い出がたくさんある。
砂浜に思い思いに寝そべりながら 流れ星を数えたり、笑ったり。。。

a0020403_2220362.jpg

砂は 粒の小さなサラサラの砂。

a0020403_22192377.jpg

人気のない砂浜を歩いていたら、鳥の足跡と 無数のカニの足跡が!!
もぉ すごく嬉しくてずっと眺めてた。
これって 朝イチバンの特権だわっ♪

a0020403_22294523.jpg

岩場近くには 小学生のころ"きなこ石(※)"と呼んでいた石があった。
※きなこ石 … この石でアスファルトに絵が描けて、きな粉のような色だったので、勝手に命名。

昔に比べると透明度は落ちたように思ったけど、海の香りや静かな波の音は本当に気持ちがよかった。

*****************************************


a0020403_22414353.jpg

白浜からの帰り道、「展海峰(てんかいほう)」へ。

高校生の頃 学校に行きたくない気分が続いた時、
ハハが忙しい夕方にも関わらず この展海峰までドライブにつれてきてくれた思い出がある。
何を話したということもなかったけれど、夕焼けをハハと眺めながら
ハハの私への気持ちを感じ、それまでモヤモヤしていた気持ちがすっと軽くなった。
次の日から私は学校に行った。

…なんて いろんな事を思い出した。


a0020403_22525319.jpg

鹿子前では ネコが 日陰で一休み中。
この時点で 9:00。
少しずつ 日差しが痛くなってきたので、私のひとりドライブはここで終了☆

このあと、市街地に移動し スタバ de 朝食。
PCでメールチェックしたのが運のつき。
そこから仕事をするはめになってしまいました。orz

朝のこの時間がなかったら かなりモヤッとしてたろうなぁ。笑
[PR]
by kayo-n_ex | 2008-08-17 22:58 | 旅行
夏休み。2
実家に帰った翌日から2日間、私は一人の時間がありました。

a0020403_21533386.jpg


あらためて実家の中を歩き回ってみた。
ここ数年、絵を描く事を始めたチチのコーナーには油絵の道具がいろいろとある。
のめり込むと とことん研究し、自分のものにしていくチチ。
会社の第一線を退いてからは 料理も独学で覚え、今では台所はチチのものに。笑

そのチチの"力"を理解し尊敬できるようになったのは、私が大人になってから。
家族を顧みる事をしなかったチチですが、今は穏やかに話ができる仲になりました。

a0020403_2234655.jpg


誰もいない実家で、蝉の鳴き声と風の音だけで過ごしていることが不思議な感じ。

a0020403_2263710.jpg

和室の回り廊下に腰をおろし、庭をながめてみた。
夏の強い日差しと青い空をみて、明日 海に行こうと思った。
[PR]
by kayo-n_ex | 2008-08-17 22:09 | 旅行
夏休み。1
夏季休暇 最終日の本日、実家から帰ってきました。

今回も あっという間だったなぁ…。

a0020403_20162045.jpg

東京を発った時には曇り空だったけど、西に行くにつれ 雲が切れてきた。
休みのはじまりを 空にも感じて嬉しかった。(笑)

a0020403_21134962.jpg


いつもの Cakra に行って、
病院の先生に「長生きを考えず、"長持ち"しましょう」
と言われたオーナーとハグして再会を喜んだ。
ほんとに大事にしてほしいのになぁ…。

この日 一次会では、高校時代の担任の先生が校長先生になったお祝いを
いつもの仲間 で開催。
私たちを受け持ってくれていた時、先生は32歳だったとの事。
相変わらず兄貴分な先生は、当時のことをいろいろと覚えていてくれていて
懐かしい話で盛り上がりました。

あの頃から今に続くこの仲間達とは きっと当然のようにこれからも続いていくのだろうなと思う。

そして みんなと会うたびに 私はパワーをもらうのだー。
[PR]
by kayo-n_ex | 2008-08-17 21:58 | 旅行
帰省 - くじゅうの時間 -

11/22 から 11/26 まで 実家に帰っていました。

今回の目的は 友達に会うこと。

そして 両親とのプチ旅行。

More
[PR]
by kayo-n_ex | 2007-12-03 22:55 | 旅行
小樽 - ふらり編2 -
おなかもいっぱいになったし、お店のある通りから離れてみることに。

a0020403_21211449.jpg


廃線となっている 手宮線跡地。
a0020403_21232684.jpg


ほとんど人通りのない この線路を歩いていたら、いろんな色がありました。
a0020403_21271232.jpg

a0020403_21273722.jpg


ひとりで訪れた小樽。
a0020403_21281428.jpg


すごくいい雰囲気でした。





でもね、小樽を歩いておもったこと。

a0020403_21302188.jpg


小樽は 人恋しくなる街 だってこと。
[PR]
by kayo-n_ex | 2007-11-26 21:30 | 旅行
小樽 - ふらり編1 -

とりあえず 自分がめざしていたところが行けた時点で ココロの満腹度はいっぱいになりました。w
ここからは残された時間を気にしつつもふらふら歩き。

a0020403_22455328.jpg

ステンドグラスのお店の入口には こんな素敵な外灯が。

a0020403_22493982.jpg


a0020403_2250991.jpg


a0020403_22503113.jpg

"のめま変 のめないべさ" とかかれた下にある古い板には "となりのトロロの井戸ポンプ"と...
確かに昆布のお店だったけど。。。苦笑

a0020403_22523299.jpg


a0020403_22525789.jpg


a0020403_22535714.jpg

小樽運河に着いたのは、私が南小樽に降り立ってから5時間後でした。
小樽運河、5分で見物終了。

その後、さすがに何か食べねば と思い、
BOSSに「鶏肉好きなら食べておいで」といわれた 「ニューなると」出抜横丁 へ。
a0020403_231564.jpg


a0020403_230391.jpg

出てきた定食のお肉の大きさに 思わず「でかっっっ!!」(゜д゜;) と叫びそうになった。
美味しくて 鶏をメインに食べていたら ご飯はほとんど手をつけることができないくらい
おなかイパーイに。ほんとに量がハンパないです。

おなかがいっぱいになったので、また歩こうと思い立ちました。
[PR]
by kayo-n_ex | 2007-11-20 23:07 | 旅行
小樽 - カフェ編 -

小樽についてから オルゴールカレイドスコープ の2つのお店を見ただけで3時間半が経っていたことに気づいたときには自分でも驚いた。w

a0020403_2203014.jpg

a0020403_2205770.jpg


ちょっと一休みしたくて、北一硝子三号館 の 北一ホール「星空の喫茶店」へ。

a0020403_2213778.jpg

ホール内は ランプの やわらかく あたたかい 灯りで ほんのりとした雰囲気。

丸太でできた椅子と大きな木でできたどっしりとしたテーブルが、
ランプの灯りでなお優しく迎えてくれる感じ。

a0020403_226958.jpg

ひとまず カプチーノで冷えた身体を温めてみる。

ここはさすがに観光名所となっているだけあって、メニューも定食やうどんがあったり
店員の方も北一硝子の制服を着ていたりして、そこだけみているとなんか食堂にいる感じ。

ホール内にはクリスマスツリーも飾られていましたが、なんとなくセンスがなかった。苦笑

それでも、この全体的な雰囲気は一度はくつろぎにくる価値ありかなー。
(但し、騒がしい団体客がそばにきたりして あたりはずれは覚悟が必要かも。。。)

a0020403_22115760.jpg

建物の古さとランプ、すごくマッチしていて離れたくなかった。(笑)

よくみると 通路のランプは電気です。ww
[PR]
by kayo-n_ex | 2007-11-20 22:13 | 旅行