人生キホンは がんばらんば。
by kayo-n_ex
プロフィール
HN:かよーん
動物占いはペガサス
六星占術では 火星人+
おとめ座 B型

あくまでも自分のペースで進もうとするが意外に小心者。
人の話を聞いてるようで聞いていないとよく言われ...。
えぇ、そんな私はB型ですが、何か?

無料占い | プルモア
Presented by 無料占いプルモア





------------
excite以外のリンク
------------

府中の杜
まわりぶろぐ
thrash about
風、空、きみ

□■ microbeat homepage ■□










以前の記事
カテゴリ
ジャズSPレコード鑑賞会
a0020403_12531455.jpg

今日のイベントはここ。
成城にあるアップルファームで開催されます。

本日はわたせせいぞう氏もいらっしゃるとの事。
どきどき。

あ、「CLOSE」 となっているのは「ジャズSPレコード鑑賞会」が開催されるため。



【 追記 】

SPレコード鑑賞会 は今年で3回目で、ワタシは初参加。
昨年は かぼちゃまつり と同日だったので泣く泣く諦めたの。
なので、今日という日が待ち遠しかったぁ。
(なもので、昨晩は1次会のみの参加でした。だって2次会でると絶対楽しいのわかっていたから途中で帰るなんてできないもの。笑)

a0020403_211869.jpgアップルファームに着くと 玄関で渡されたのが このプログラム。(右)
サラリとした手触りでシルバーブルーの紙に印刷されたプログラムは 落ち着いた雰囲気。
一緒に渡された ジュークボックスのポストカード裏には2006年1月に開催される作品展の案内がありました。たまたま2枚いただいたので、表裏並べて写真を撮っています。


そうそう、Jazzですよ。Jazz。

この会の解説・選曲は瀬谷 徹さんという方で、ジャズSPレコードを聴く会 を主宰していらっしゃいます。

本日のSPレコードは一番新しいもので1953年に録音されたものだという事でした。
それでも50年以上の前のもの。
そのプログラムは
1. 恋人よ我に帰れ / バディ・デフランコと彼の三重奏団
  Lover Come Back To Me / Buddy DeFranco & His Trio

2. ストリート・オブ・ドリームス / バディ・デフランコと彼の三重奏団
  Street Of Dreams / Buddy DeFranco & His Trio

3. アイル・リメンバー・エイプリル / ブッテ・ヴィックマン六重奏団
  I'll Remember April / Putte Wickman Sixtett

4. アイム・イン・ザ・ムード・フォー・スウィング / ブッテ・ヴィックマン六重奏団
  I'll In The Mood For Swing / Putte Wickman Sixtett

5. スリー・リトル・ワーズ / アントリュー・ブールマンと彼のオールスターズ
  Three Little Words / Andrew Burman & His Metronome All-Stars

6. 朝日の如くさわやかに / スウィンギング・スウェデス
  Softly As In A Morning Sunrise / Swinging Swedes

7. 明るい表通りで / デルタ・リズム・ボーイズ
  On The Sunny Side Of The Street / Delta Rhythm Boys

8. ラヴァー / オスカー・ピーターソン
  Lover / Oscar Peterson

9. セピア・パノラマ / デューク・エリントンと彼の楽団
  Sepia Panorama / Duke Ellington & His Famous Orchestra

10. 誰かが邪魔をした / ベニー・グッドマンと彼の楽団
  Somebody Else Is Taking My Place / Benny Goodman & His Orchestra

11. どうしてそんなに / ベニー・グッドマンと彼の楽団
  Why Don't You Do Right / Benny Goodman & His Orchestra

12. エブリタイム・ウィ・セイ・グッドバイ / ベニー・グッドマン五重奏団
  Ev'ry Time We Say Goodbye / Benny Goodman & His Quintet

13. オパス・デ・バップ / スタン・ゲッツ四重奏団
  Opus De Bop / Stan Getz Quartet

14. アズ・アイ・リブ・アンド・バップ / スタン・ゲッツ四重奏団
  As I Live And Bop / Stan Getz Quartet

15. 初秋 / ウディ・ハーマンと彼の楽団
  Early Autumn / Woody Herman & His Orchestra

16. ジョーンズ嬢に会ったかい / スタン・ゲッツ五重奏団
  Have You Met Miss Jones / Stan Getz Quintet


会場となったアップルファームのギャラリーでは、壁に現在開催中の『セピア色のオールディーズ ~ジャズの聴こえるOne SceneⅢ~』 の作品が展示してありました。
そして、SPレコードの良さをより引き出すために、そして より良い状態で楽しむ事ができるようにと、SPレコードと同じ年代の "フィールドタイプ" のスピーカ と、当時の 家庭用真空管アンプ でSPレコードをかけてくださいました。
真空管アンプはあったまっている方が音が良いらしく、今日も数時間前より温めていたとの事。そういうのってなんだか嬉しいですよね~。

1曲毎にプレーヤーの背景や年代、演奏の特徴などをわかり易く解説をしてくださったので、同じプレーヤーでも 年代で音色が違う事に気づいたりして面白かったです。
やっぱりJazzは深いですねー。そして面白い。

瀬谷さんの ジャズSPレコードを聴く会 にも行ってみたくなりました。

2時間ほどの会でしたが、途中 休憩タイムには ワインやソフトドリンク(紙コップでなくワイングラスでした♪そんなところにもちょっと感激)、おつまみが用意されて、作品を見ながらくつろぐ事ができました。25名の定員で、ご夫婦でいらしていたり、Jazz好きなおじさまだったりと ワタシが一番若い?(・∀・) と思うくらいの年齢層でした。…やっぱりな。笑

そして、今日の会では お土産まで用意されていたの。
a0020403_2253263.jpga0020403_22534733.jpg
木製のポストカードフォルダー。しかも サインと日付入り。
家に帰って開けて「きゃあぁぁぁぁぁぁっっっ♡♡♡♡」と大騒ぎ。
だってねー、せっかくわたせさんと同じ空間をいられたのに...皆さんがかわりばんこに一緒に記念写真を撮ってもらっているのに...ワタシときたらそばに寄る事もできず、持ってきたカメラをバッグにしのばせたまま、カレンダーだけ購入してアップルファームを後にしていたのです。
まさか こんなサプライズがあるなんて!!

今日の会は今日と明日(10/10)の二日間あるのですが、参加費がかかるのは今日だけで、お土産がもらえるのも今日だけだったのです。
しかし3000円の参加費で、2940円のフォルダーがいただけて、おまけに休憩時間のおもてなし付きってすごくない?

はぁ♡ ダーリンに予定を踏み倒させ、かなぶんとお留守番させてまで 参加した甲斐がありました。(´∀`)



会の前には ちょっと早めに成城学園前に着いたので、駅前のスタバで時間をつぶそうと思い、入って注文していたら、すぐ後に 渡辺謙さん が並んでいたというサプライズもあり、なんだかムフフな一日でした。・・・すごいラフな格好だったけど、背が高くてかっこよかったよ。。。

さ、今夜はハートカクテルでも見ながら過ごしましょうか♡
[PR]
by kayo-n_ex | 2005-10-09 12:53 | 音を楽しむ
<< ハロウィン占い。 東京湾遊覧船上パーティ に行っ... >>